家族葬の火葬式や直送とは

家族葬の火葬式・直送プランの概要

家族葬の火葬式・直送プランの概要 家族葬をするにあたり、お通夜や告別式をしないでシンプルに火葬のみで済ませたい方には、葬儀会社のプランの一つとして、火葬・直葬による葬儀ブランがあります。特に、ご親族様がごく少ない方、最寄りの身内のみで葬儀を行いたい場合に、このプランにて葬儀をされる方もいます。その流れを紹介します。

一般の葬儀と同様に、病院や自宅などでお亡くなりになられた後、各関係機関にて手続きを行います。その際に、市区町村へ提出する書類作成もします。その後、遺体を自宅もしくは葬儀会社にある霊安室に移送します。なお、火葬については、埋葬・火葬及び改葬に関する法律にも定められており、24時間経たなければ火葬することが出来ません。搬送を終えて後、葬儀会社と打ち合わせをして、家族葬の流れ及び僧侶の手配をします。その際に、菩提寺がある場合には、寺院の僧侶とも打ち合わせを行います。時間が経過した後に、納棺・出棺となります。故人様の遺体を仏衣で包み、棺桶に納めます。棺桶には、花及び大切な遺品などを遺族の方が一緒に納めて、お別れとなります。不燃物及び生鮮食料品などを入れることはできませんので、予め葬儀会社のスタッフなどと確認をとる必要があります。

そして、火葬場に到着をしますと、僧侶による読経が始まります。遺族の方もご一緒にお経を読むなどしてお見送りをします。火葬が終わるまでは、1時間から2時間程度かかりますが、その間は控室に待機をします。参列者の方が少ない場合でも、茶菓子などを用意しておくことがおすすめです。そして、火葬が終わりましたら骨上げをします。喪主から順番に始めていき、血縁が深い順に行います。骨上げは2人一組で行いまして、お骨を同時に挟んでから、骨壺に納めていきます。最後の喉ぼとけを納める際には、喪主もしくは故人様と最もかかわりが深い方が行います。

家族葬での直葬の流れは、概ね上記の流れではありますが、地域及び葬儀会社によっては、異なった方法により執り行われる場合があります。不明な点は予め葬儀スタッフの方や地域のことをよく知っている方などに確認しておくと安心です。

シンプルに葬儀を行いたい遺族の方には、火葬式での家族葬という方法もあります。もちろん、1日で済みますし費用も相応に軽減することができますから、時間や費用をできるだけかけたくないといった場合には選択肢の一つになります。ごく近い親族などで行う場合にはおすすめのプランでもありますが、家族葬も大切なセレモニーなので、予め親族間での話し合いをすることをおすすめします。

トピックス