直葬式で家族葬を行う場合のデメリット

直葬式での家族葬を行うにあたり、費用の他にも時間的拘束が少ないというメリットもありますが、デメリットもいくつかあるので注意が必要です。

直葬で行う場合ですが、基本的に身内のみで行います。特に、お通夜もない場合は1日だけですから、日程調整が出来なかった参列者の方にとっては、悔やまれる場合があります。相手によっては、後日お会いした際に、家族葬を直葬で執り行ったことについて理由を問われる場合もあるでしょう。トラブルを回避するために、先方に予め事情を説明することはもちろんですが、葬儀後に、各種法要などで弔問をしていただく機会を設けた方が望ましいです。

また、菩提寺を持たれている家族においては、宗教的な観点からして大幅に儀式を省いているととらえられかねません。一般的には、読経などその宗派による儀式を行ったうえで火葬後に菩提寺に納骨を納める形ですが、それがないので疑問に感じてしまう方もいるでしょう。僧侶との関係に少なからず影響がありますし、今後のつきあいにも関係してくることなので、それぞれの立場や意思を尊重して、慎重にすすめるにこしたことはありません。

親族との関わりにおいても影響が大きいので、直葬で家族葬を行いたいのであれば、故人の生前の際でも構わないので何かしらの葬儀における説明をしておくことは重要です。心を込めて事前に相談をし、いろいろな方の思いを配慮することによって、直葬であっても心に残る家族葬にすることは可能です。

直葬での家族葬では、時間的な拘束は少ない一方、宗教的な段取りをいくつか省いて行います。ご親族様の理解を得ることはもちろん、菩提寺を持たれている方では、今後のお付き合いに影響が出るでしょう。自分たちだけでなくご先祖様が喜ばれるか否かを、考えておく必要があります。