火葬式・直葬式家族葬にかかる費用

家族葬にて火葬式・直葬式を行う場合における、費用面について紹介します。一般的な葬儀をする場合の費用ですが、僧侶へのお布施や戒名料を含めても100万円以上はかかります。一般的な家族葬をする場合においても50万円程度は必要となります。

葬儀社や家族葬の内容によって異なりますが、直葬の場合は20万円程度あれば葬儀を執り行うことが出来ます。大まかな費用の内訳ですが、病院から霊安室、霊安室から火葬場に行く際の霊柩車の手配2回分があります。霊安室使用料ですが、火葬に関する法律も定められていますから、最低でも2日間かかります。遺体を腐敗させてはいけませんから、3日分のドライアイスも必要です。棺桶・骨壺・お別れの際に棺桶に入れるお花代及び各種備品の費用がかかります。また、火葬をする際の斎場使用料金、各種葬儀会社の運営スタッフの費用が必要となります。スタッフは一人でも十分とお考えの方もいますが、火葬においての書類手続き及び遺体の搬送などは必要になります。スタッフを最小限度以下の人員にしてしまいますと、非常にタイトな家族葬になってしまうので注意が必要です。

葬儀会社によっては、数万円単位にて直葬を執り行うところもあります。しかし、スタッフのみの費用で、別途備品代が含まれていない場合が多いので、サービスの内容については予め葬儀会社に確認しておくことが大切です。生活保護世帯など、費用がかからない葬儀を希望する場合には、直葬のみの場合がほとんどです。市区町村などに相談することによって、家族葬の費用を削減できる場合もあるので事前に調べてみることをおすすめします。