家族葬を火葬式・直葬式で行う際に弔電を送ることは

家族葬を火葬式・直葬式で行う場合では、概ねごく近い親族様のみの参列となります。その際、知人及び日程調整がつくことが出来なかった親族の方の中には、参列できないため、弔電を希望される方もいます。また、日時を改めてお別れの挨拶をされたい方の場合は、弔問をご希望される方もいます。

一般的に、直葬にて家族葬をされるご遺族においての考えの多くは、費用を抑えたいことが理由の一つになっています。また、健康上の問題や家族の介護などの問題があって、葬儀に時間と費用ををかけることが難しい方もいます。もちろん、後日の弔問や弔電を受け入れることができる場合には問題はありませんが、ご家族の考え方の一つとして、一切のご挨拶をお断りするという選択肢もあります。

その際は、あからさまにお断りをすると、今後のお付き合いをしていく上で、少なからず影響が出ます。特にご近所の方や身近な親族、故人と縁が深かった方だと、相応の配慮が必要になります。その上で、弔電をいただいた方にはそのお気持ちを頂戴したうえで、改めて弔問を丁重なお断りをすることが望ましいです。家族葬について詳細な連絡が行き届かずに、参列・弔問をされる方もいます。その場合も、お断りをすることなく、ご挨拶のみの対応、場合によっては予算の範囲内でのお返しの品物をお渡しするとよいでしょう。

家族葬で、火葬式の形態をとられていても、何かしらの挨拶をされたい方もいます。事情はそれぞれ違っても、葬儀後も付き合いが続いていくことが多いので、その気持ちはありがたく受け取って、丁寧な対応をするこよう心がけることが、家族葬を行う上で大切なポイントです。